「生きること」を肯定する、生命への讃歌

生命は生命の力で生きている

チームラボ, 2011, デジタルワーク, 6min 23se(ループ), 書: 紫舟

自然の恵みも脅威も、そして文明の恵みも脅威も、連続的で、つながっている。どこかに絶対的な悪意があるわけでもなければ、かといって綺麗ごとでもすまされない。もはや、わかりやすい解などないし、感情すら整理できないかもしれない。それでも、あらゆる状況においても、生きる、それを全部肯定したい。生命はうつくしい。空間に書く書、『空書』。書の墨跡が持つ、深さや速さ、力の強さのようなものを、新たな解釈で空間に立体的に再構築している。

今回は、UltraHD(4K)の解像度(FullHD4枚分)によって、超微細に描いた映像作品として、表現した。

Topへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加