おいて、さわって、かきまわそう!

小人が住まうテーブル

チームラボ, 2013, インタラクティブデジタルインスタレーション

このテーブルは、小人が住んでいるテーブルです。小人たちはテーブルの中で走り回っていて、こちらには気付きません。しかし、テーブルの上に手を置いたり物を置いたりすると、小人は気付いて、飛び乗って来ます。テーブルの上に置く物の形や色で、小人のアクションは変わります。たくさんの物を置くことで、世界がどんどん創られ、小人たちは、大喜びで遊びはじめます。

身につく力:

パターン認識力、論理的思考、クリエイティビティ・表現力の発揮、重力という物理法則

歩いたり、ジャンプしたり、滑ったり、飛び跳ねたり。現実世界と同じような物理法則が機能している小人たちの世界。様々なオブジェクトを当てることで、小人たちの行動に変化を起こすことができます。子どもたちは、小人たちの近くにオブジェクトを意図的に置く時、それによって生み出される行動変化が、どう異なるかという個々の法則を、手を動かしながら自ら探ることができます。また、小人の行動を主体的にデザインするという、一種のストーリーづくりの要素もあります。他者とのインタラクションや偶然作り出された視覚的効果からの問いを、自身の仮説検証結果と合わせながら学び、「小人の世界づくり」を他人と共に創ることができます。

Topへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加